2020年5月1日金曜日

DeepL でドイツ語の化合物名を和訳してみました

DeepL という機械翻訳が話題となっています。
ドイツ語の化合物名がどのように和訳されるのか試してみました。

化合物名は、DE102018003995A1 から採用しました。
以下、D: は DeepL、G: は Google の結果で、注目点を赤色にしてあります。

1) 1-Fluor-4-((4-methoxyphenyl)ethinyl)benzol

D: 1-フルオロ-4-((4-メトキシフェニル)エチニル)ベンゾール

G: 1-フルオロ-4-((4-メトキシフェニル)エチニル)ベンゼン

ドイツ語の Benzol は、日本語名称では「ベンゼン」のみです。
DeepL に Benzol のみを入力すると、正しく「ベンゼン」と出力しました。
Fluorbenzol も「フルオロベンゼン」と正しく出力しました。

ベンゼン誘導体の名称をいくつか入力して、正しく「ベンゼン」と出力するようになってから、再度 1-Fluor-4-((4-methoxyphenyl)ethinyl)benzol を入力すると、正しく「…ベンゼン」と出力しました。

これは学習効果が現れたものと思われます。

ちなみに、独和辞典の大半は、まだ「ベンゾール」を載せていて、古い情報のままです。
人間翻訳者も、辞書を鵜呑みにせずに、最新の情報に更新しましょう。

2) 6-Fluor-2-(4-fluorphenyl)-1,3-bis(4-methoxyphenyl)azulen

D: 6-フルオロ-2-(4-フルオロフェニル)-1,3-ビス(4-メトキシフェニル)アズレン

G: 6-フルオロ-2-(4-フルオロフェニル)-1,3-ビス(4-メトキシフェニル)アズレン

これは問題ありませんでした。

3) (((4-Fluor-2-(2-fluorphenyl)azulen-1,3-diyl)bis(4,1-phenylen))-bis(oxy))bis(tertbutyldimethylsilan)

D: (((4-フルオロ-2-(2-フルオロフェニル)アズレン-1,3-ジイル)ビス(4,1-フェニレン)-ビス(オキシ)ビス(tertbutyldimethyllsilane)

G: ((((4-フルオロ-2-(2-フルオロフェニル)アズレン-1,3-ジイル)ビス(4,1-フェニレン))-ビス(オキシ))ビス(tertブチルジメチルシラン

本来は ..(tert-butyldimethylsilan) とハイフンが必要です。

DeepLでは、ハイフンが足りないことを判断できず、和訳せずに、なぜか英語風に最後に -e を付けて、しかも ..methyll.. と増えています。

Google では、これまでの情報蓄積のおかげなのか、ハイフンなしでも区別してカタカナ表記にしています。

完ぺきではなくても、以前のような表記の崩れ方はしないため、ポストエディットは楽になったと思います。

2020年3月24日火曜日

中性名詞Herz(心、心臓)の特殊な格変化

中性名詞 Herz (心、心臓)は、特殊な格変化をする名詞として、ドイツ語の文法書では必ず紹介されています。

以下に Herz の格変化を定冠詞と共に示します。
左側は、一般的に使われる格変化です。
右側は、「心臓」の意味のときに医学分野で伝統的に使われる強変化です。

  通常の格変化  医学で使う格変化(心臓)
1格 das Herz    das Herz
2格 des Hezens  des Herzes
3格 dem Herzen  dem Herz
4格 das Herz    das Herz
複数 die Herzen   die Herze